So-net無料ブログ作成
永見隆幸先生information ブログトップ
前の10件 | -

つるや 大観の間 永見隆幸 訪問 平田雅哉 数寄屋造 越前 芦原  [永見隆幸先生information]



永見隆幸先生が越前芦原の「つるや 大観の間」を訪れました。



takas taikan2.JPG



takas taikan entrance.JPG



つるやは、明治17年=1884年に開業。現在の本館は、数奇屋造りの名棟梁である平田雅哉の設計施工によるもので、茶室風、料亭風の、趣ある建物。各部屋の造りが全て異っていることでも知られる。



takas taikan3.JPG





takas taikan stairs2.JPG
部屋の中に階段

takas taikan stairs1.JPG





takas okami taikan2.JPG
つるやの女将 平山佳子さん と 永見先生





takas taikan6.JPG





takas taikan7.JPG





takas taikan5.JPG





takas tea ceremony room.JPG
「大観の間」の茶室で寛がれる永見先生





takas taikan open-air spring bath 3.JPG
内湯から見る「大観の間」の専用露天風呂


takas taikan open-air spring bath 1.JPG
源泉かけ流し


takas taikan open-air spring bath 2.JPG





takas taikan corridor.JPG
廊下から見た「大観の間」


taikan corridor.JPG





takac taikan 3.JPG
飾障子窓





takac taikan 2.JPG





takac taikan 1.JPG





takas okami taikan1.JPG
永見先生と女将





takac taikan 8.JPG





takac taikan 5.JPG



taikan 1.JPG





takac taikan 6.JPG
手摺に腰掛けていると見せて 実は中腰で腰掛けていない永見先生



taikan 2.JPG



taikan 3.JPG





takac taikan 7.JPG



taikan 6.JPG



taikan 5.JPG



taikan 7.JPG





takac taikan kangetsu 2.JPG
「観月の間」の月見台から見た「大観の間」



takac taikan kangetsu 1.JPG





永見隆幸 つるや 訪問
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2019-07-16
 ↑
Takayuki NAGAMI visits Tsuruya


永見隆幸 つるや観月の間 訪問
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2019-07-17-2
 ↑
Takayuki NAGAMI visits Tsuruya Kangetsu


永見隆幸 つるや吉兆の間 訪問
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2019-07-17-1
 ↑
Takayuki NAGAMI visits Tsuruya Kiccho


永見隆幸 つるや万代の間 訪問
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2019-07-16-2
 ↑
Takayuki NAGAMI visits Tsuruya Bandai


永見隆幸 平田雅哉『大工一代』を読む
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2018-08-05
 ↑
HIRATA Masaya "Life Carpenter"


永見隆幸 西村屋平田館 訪問
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2018-07-18
 ↑
Tak NAGAMI visits Nishimuraya Hiratakan


永見隆幸の最新プロフィールはコチラ ♪
 ↓
http://merry-uta.blog.so-net.ne.jp/2016-12-11
 ↑
This is Takayuki NAGAMI!


永見隆幸オフィシャル・ウェブサイト ♬
 ↓
http://www.nagamitakayuki.com/
 ↑
NAGAMI Takayuki official website ♬


ディライトフル・グループ HP
 ↓
http://www.delightful-group.com/
 ↑
Delightful Group HP


ザ・ディライトフル・カンパニー社長ご挨拶
 ↓
https://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-28
 ↑
TDC president greetings


メリーのブログ管理人ご挨拶
 ↓
http://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-30
 ↑
MAC Website Manager

つるや 観月の間 永見隆幸 訪問 平田雅哉 数寄屋造 越前 芦原  [永見隆幸先生information]



永見隆幸先生が越前芦原の「つるや 観月の間」を訪れました。



takac kangetsu entrance.JPG



takas kangetsu entrance.JPG



つるやは、明治17年=1884年に開業。現在の本館は、数奇屋造りの名棟梁である平田雅哉の設計施工によるもので、茶室風、料亭風の、趣ある建物。各部屋の造りが全て異っていることでも知られる。





takac kangetsu2.JPG
観月の玄関脇の窓から見る景色
向うには大観の間


kangetsu 3.JPG





takas kangetsu1.JPG





takas kangetsu2.JPG



takas kangetsu3.JPG





takas kangetsu5.JPG



takas kangetsu6.JPG





takas kangetsu7.JPG





takac kangetu open-air spring bath 1.JPG
観月専用の露天風呂


kangetu open-air spring bath.JPG
源泉かけ流し


takac kangetu open-air spring bath 2.JPG





kangetsu corridor.JPG
廊下から見る観月の間





takac kangetsu1.JPG
観月の庭


kangetsu 2.JPG


kangetsu 1.JPG





kangetsu taikan1.JPG
観月の月見台
手摺は栗の木で名栗仕上



kangetsu taikan2.JPG
向うには大観の間



kangetsu taikan3.JPG





永見隆幸 つるや 訪問
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2019-07-16
 ↑
Takayuki NAGAMI visits Tsuruya


永見隆幸 つるや大観の間 訪問
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2019-07-17-3
 ↑
Takayuki NAGAMI visits Tsuruya Taikan


永見隆幸 つるや吉兆の間 訪問
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2019-07-17-1
 ↑
Takayuki NAGAMI visits Tsuruya Kiccho


永見隆幸 つるや万代の間 訪問
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2019-07-16-2
 ↑
Takayuki NAGAMI visits Tsuruya Bandai


永見隆幸 平田雅哉『大工一代』を読む
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2018-08-05
 ↑
HIRATA Masaya "Life Carpenter"


永見隆幸 西村屋平田館 訪問
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2018-07-18
 ↑
Tak NAGAMI visits Nishimuraya Hiratakan


永見隆幸の最新プロフィールはコチラ ♪
 ↓
http://merry-uta.blog.so-net.ne.jp/2016-12-11
 ↑
This is Takayuki NAGAMI!


永見隆幸オフィシャル・ウェブサイト ♬
 ↓
http://www.nagamitakayuki.com/
 ↑
NAGAMI Takayuki official website ♬


ディライトフル・グループ HP
 ↓
http://www.delightful-group.com/
 ↑
Delightful Group HP


ザ・ディライトフル・カンパニー社長ご挨拶
 ↓
https://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-28
 ↑
TDC president greetings


メリーのブログ管理人ご挨拶
 ↓
http://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-30
 ↑
MAC Website Manager

つるや 吉兆の間 永見隆幸 訪問 平田雅哉 数寄屋造 越前 芦原  [永見隆幸先生information]



永見隆幸先生が越前芦原の「つるや 吉兆の間」を訪れました。


つるやは、明治17年=1884年に開業。現在の本館は、数奇屋造りの名棟梁である平田雅哉の設計施工によるもので、茶室風、料亭風の、趣ある建物。各部屋の造りが全て異っていることでも知られる。



kiccho entrance1.JPG





kiccho 1.JPG





kiccho 2.JPG





kiccho 5.jpg





kiccho 3.JPG





kiccho alcove tokonoma.JPG





kiccho entrance2.JPG





永見隆幸 つるや 訪問
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2019-07-16
 ↑
Takayuki NAGAMI visits Tsuruya


永見隆幸 つるや大観の間 訪問
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2019-07-17-3
 ↑
Takayuki NAGAMI visits Tsuruya Taikan


永見隆幸 つるや観月の間 訪問
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2019-07-17-2
 ↑
Takayuki NAGAMI visits Tsuruya Kangetsu


永見隆幸 つるや万代の間 訪問
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2019-07-16-2
 ↑
Takayuki NAGAMI visits Tsuruya Bandai


永見隆幸 平田雅哉『大工一代』を読む
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2018-08-05
 ↑
HIRATA Masaya "Life Carpenter"


永見隆幸 西村屋平田館 訪問
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2018-07-18
 ↑
Tak NAGAMI visits Nishimuraya Hiratakan


永見隆幸の最新プロフィールはコチラ ♪
 ↓
http://merry-uta.blog.so-net.ne.jp/2016-12-11
 ↑
This is Takayuki NAGAMI!


永見隆幸オフィシャル・ウェブサイト ♬
 ↓
http://www.nagamitakayuki.com/
 ↑
NAGAMI Takayuki official website ♬


ディライトフル・グループ HP
 ↓
http://www.delightful-group.com/
 ↑
Delightful Group HP


ザ・ディライトフル・カンパニー社長ご挨拶
 ↓
https://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-28
 ↑
TDC president greetings


メリーのブログ管理人ご挨拶
 ↓
http://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-30
 ↑
MAC Website Manager

つるや 万代の間 永見隆幸 訪問 平田雅哉 数寄屋造 越前 芦原  [永見隆幸先生information]



永見隆幸先生が越前芦原の「つるや 万代の間」を訪れました。


つるやは、明治17年=1884年に開業。現在の本館は、数奇屋造りの名棟梁である平田雅哉の設計施工によるもので、茶室風、料亭風の、趣ある建物。各部屋の造りが全て異っていることでも知られる。



bandai entrance.JPG





bandai 2.JPG





bandai 3.JPG





bandai 1.JPG





takac tsuruya facade 2.JPG





永見隆幸 つるや 訪問
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2019-07-16
 ↑
Takayuki NAGAMI visits Tsuruya


永見隆幸 つるや大観の間 訪問
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2019-07-17-3
 ↑
Takayuki NAGAMI visits Tsuruya Taikan


永見隆幸 つるや観月の間 訪問
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2019-07-17-2
 ↑
Takayuki NAGAMI visits Tsuruya Kangetsu


永見隆幸 つるや吉兆の間 訪問
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2019-07-17-1
 ↑
Takayuki NAGAMI visits Tsuruya Kiccho


永見隆幸 平田雅哉『大工一代』を読む
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2018-08-05
 ↑
HIRATA Masaya "Life Carpenter"


永見隆幸 西村屋平田館 訪問
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2018-07-18
 ↑
Tak NAGAMI visits Nishimuraya Hiratakan


永見隆幸の最新プロフィールはコチラ ♪
 ↓
http://merry-uta.blog.so-net.ne.jp/2016-12-11
 ↑
This is Takayuki NAGAMI!


永見隆幸オフィシャル・ウェブサイト ♬
 ↓
http://www.nagamitakayuki.com/
 ↑
NAGAMI Takayuki official website ♬


ディライトフル・グループ HP
 ↓
http://www.delightful-group.com/
 ↑
Delightful Group HP


ザ・ディライトフル・カンパニー社長ご挨拶
 ↓
https://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-28
 ↑
TDC president greetings


メリーのブログ管理人ご挨拶
 ↓
http://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-30
 ↑
MAC Website Manager

つるや 永見隆幸 訪問 平田雅哉 数寄屋造 越前 芦原 [永見隆幸先生information]



永見隆幸先生が越前芦原の「つるや」を訪れました。



takac tsuruya entire view.JPG



つるやは、明治17年=1884年に開業。昭和31年=1956年の芦原大火で新築中の建物が全焼。現在の本館は、数奇屋造りの名棟梁である平田雅哉の設計施工によるもので、茶室風、料亭風の、趣ある建物。各部屋の造りが全て異っていることでも知られる。



takac tsuruya facade 1.JPG





takac tsuruya facade 3.JPG





hirata masaya.JPG
平田雅哉 HIRATA Masaya

明治33年(1900年)~昭和55年(1980年)
大阪の堺生れ。生涯で400にも上る建築を手掛け、数寄屋建築の名工としてその名を馳せた。藤原新三郎の下で修業し、後に事実上の後継者になる。大工として働きながら自ら図面を引いた。製図や彫刻にも堪能で、それらにも多くの時間を費やした故に、作品が数多く残されている。昭和の左甚五郎と謳われた。

平田雅哉が語り、内田克己によって聞き書きされた「工匠談義」が、「大阪手帖」に5年にわたり連載される。それを書籍化した『大工一代』(昭和36年=1961年/発行:池田書店)は大評判になり、『大工太平記』(昭和40年=1965年/制作:東宝/主演:森繁久弥)として映画化された。

書籍に、『数寄屋建築・平田雅哉作品集』(昭和43年=1968年/発行:創元社)、『数寄屋造り・平田雅哉作品集』(昭和47年=1972年/発行:毎日新聞社)、『床の間図集』(昭和50年=1975年/発行:創元社)、『数奇屋建築の技法 平田雅哉から平田建設へ』(昭和60年=1985年/編集:和風建築社)など。

主な建築作品に、旅館「つるや」(芦原)、旅館「西村屋」(兵庫)、料亭「吉兆」高麗橋本店(大阪)、旅館「大観荘」(熱海)、料亭「雲月」(京都)、旅館「万亭」(和歌山)、料亭「招福楼」(八日市)、西南院(高野山)、料亭「錦戸」(大阪)、料亭「洗心亭」(大阪)、朝香宮邸茶室「光華」(東京)、茶室「如意庵」(大徳寺)、茶室「松籟亭」(広島)、「万里荘」(大阪)、料亭「なか川」、料亭「わか松」、料亭「相生」、料亭「現長」、料亭「青雲」、旅館「福田」、川上神社茶室、源生寺、川端康成の常宿だった金森旅館、ほか。





丹下健三と並んで日本建築界の巨匠と称される村野藤吾が、初めて平田雅哉に会った時の印象を、エッセイ「最後の一人」で次のように述べています。


長い間の修練に耐えて自我を通してきた「大棟梁」の面影があった。その気骨は、金と権威に自らを捨てぬ 不屈の魂が躍如として、寄らば切らん の構えが感ぜられた。私は棟梁の向こう側に座った。瞬間、一言も言わないうちから この勝負は私が負けたと思った。





takac entrance glass cranes.JPG
永見先生の頭上に硝子の鶴
先生の左手奥に硝子の格子
双方とも平田雅哉の意匠



glass cranes under eaves.jpg
玄関軒下に鶴の意匠



hm glass crane.jpg
硝子の鶴



木や竹や石など伝統的な数寄屋造りの素材に限らず、硝子や鉄なども用いられており、平田雅哉ならではの創意工夫を随所に見ることができます。





takac entrance3.JPG
つるやの玄関





takac entrance2.JPG
屋号の額 と 鶴の衝立


trade name wooden screen.JPG





entrance.JPG





takac front stairs.JPG
玄関下手の階段





takac salon 1.JPG
玄関上手のサロン



takac salon 2.JPG
サロンの囲炉裏



takas salon 2.JPG



takac salon 3.JPG



takas salon 1.JPG
サロンの奧に足湯



takas ashiyu.JPG
永見先生の 左手に「足湯」右手に無料体験できる「温泉卵の茹で処」





tatami-matted corridor 1.JPG
延々と続く廊下は全て畳敷き

左手に平田雅哉の作品展示室





takas hm whatnot.JPG
平田雅哉 作品展示室



hm profile.JPG
平田雅哉の略歴



hm wood carvings.JPG
展示されている平田雅哉の作品



hm origami crane.JPG
木彫の折鶴



hm crane.JPG
木彫の鶴



hm dried sardines.JPG
木彫の田作り~ごまめ



hm varicolored carp fan-shaped wood.JPG
木彫の扇面-錦鯉-



hm gold fish.JPG
木彫の金魚



hm rokkasen.JPG
木彫「六歌仙」

六歌仙は、古今集仮名序で「近き世にその名聞えたる人」として紀貫之が挙げた六人の歌人。

僧正遍昭 そうじょうへんじょう
在原業平 ありわらのなりひら
文屋康秀 ふんやのやすひで
喜撰法師 きせんほうし
小野小町 おののこまち
大伴黒主 おおとものくろぬし

但し、六歌仙の称号は後世に付与されたもので、紀貫之自身が「六歌仙」という呼称を用いたことはない。



takac hm whatnot.JPG
熱心に平田作品を鑑賞なさる永見先生





tatami-matted corridor 2.jpg
奥へ進むと左手に壁画



takac mural painting 1.JPG
燭台は平田雅哉作



takac mural painting 2.JPG
壁画は森下有泉の『湯女』



森本有泉 もりもと ゆうせん 日本画家

大正6年=1917年、兵庫県に生れる。本名は雪雄。中村貞以に師事。美人画や花鳥画を得意にした。再興院展に入選。院展の入選を重ね、日本美術院 特待。日本画塾「白水会」主宰。自ら「貧乏絵描き」と称し、気さくな人柄で慕われた。昭和63年=1988年4月11日永眠。享年71歳。



takas mural painting 1.JPG



takas mural painting 2.JPG



hm corridor.jpg
壁画の反対側にも平田雅哉の意匠





takas stairs 1.JPG
「大観の間」に続く階段

takas stairs 2.JPG





takas tatami matted corridor.JPG
畳敷きの廊下は船底天井





tsuruya postcard 1.JPG
つるやの女将から永見先生に「創業130年を迎えた時に作ったものです」と手渡された記念品


tsuruya postcard 2.JPG


tsuruya postcard 3.JPG





takac okami entrance.JPG
つるやの女将 平山佳子さん と 永見先生





entire view.JPG





永見先生に「つるや」の建築について伺いました。


全てに、風格と品位を感じさせ、清潔感があり、過剰は排され、飄逸。ゆとりある寛ぐ空間が随所にあって、わざとらしさのない持て成しの設えに、流石は平田雅哉と膝を打ちます。簡素ですが、洗練の極みと言えましょう。





まさに永見先生好みというか、利休好みというか、渋いですねぇ…





takac tsuruya facade 2.JPG





永見先生に「つるや」の料理と接客についても伺ってみました。


不即不離の過不足ない接客は、さりげなく、好ましく思いました。
料理は、日本料理の伝統を踏まえながらも、ありがちな高級食材ではなく、地元産の旬の厳選食材を用いた、薄味で深みと味わいのある、品格の高い創作懐石料理です。越前焼や河和田塗など、福井名産の器で楽しみました。





食は文化と言いますが、音楽や舞台は言うまでもなく、美術や建築に至るまで、芸術文化全般に対する永見先生の造詣の深さには、驚きを禁じ得ません。それも、単に博識というレヴェルじゃないんですから…





つるやは、三本もの源泉井を所有しており、全て源泉かけ流しだそうです。一口に温泉と言っても、循環温泉の方が多いそうですから、完全なる本物の天然温泉は貴重なのでしょうね。その意味でも「つるや」は素晴らしい!

次回は私も是非お供を…





takac tsuruya.JPG





永見隆幸 平田雅哉『大工一代』を読む
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2018-08-05
 ↑
HIRATA Masaya "Life Carpenter"


永見隆幸 つるや大観の間 訪問
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2019-07-17-3
 ↑
Takayuki NAGAMI visits Tsuruya Taikan


永見隆幸 つるや観月の間 訪問
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2019-07-17-2
 ↑
Takayuki NAGAMI visits Tsuruya Kangetsu


永見隆幸 つるや吉兆の間 訪問
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2019-07-17-1
 ↑
Takayuki NAGAMI visits Tsuruya Kiccho


永見隆幸 つるや万代の間 訪問
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2019-07-16-2
 ↑
Takayuki NAGAMI visits Tsuruya Bandai


永見隆幸 西村屋平田館 訪問
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2018-07-18
 ↑
Tak NAGAMI visits Nishimuraya Hiratakan


永見隆幸の最新プロフィールはコチラ ♪
 ↓
http://merry-uta.blog.so-net.ne.jp/2016-12-11
 ↑
This is Takayuki NAGAMI!


永見隆幸オフィシャル・ウェブサイト ♬
 ↓
http://www.nagamitakayuki.com/
 ↑
NAGAMI Takayuki official website ♬


ディライトフル・グループ HP
 ↓
http://www.delightful-group.com/
 ↑
Delightful Group HP


ザ・ディライトフル・カンパニー社長ご挨拶
 ↓
https://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-28
 ↑
TDC president greetings


メリーのブログ管理人ご挨拶
 ↓
http://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-30
 ↑
MAC Website Manager

設楽知昭 永見隆幸 令和初対談 [永見隆幸先生information]



永見隆幸&メリー・アーティスツ・カンパニー『サラ~ベル・エポックを生きた華』の舞台美術に携わっていただいた設楽知昭さん。

メリー・アーティスツ・カンパニーの舞台作品を多数ご覧くださっています。

画家で愛知県立芸術大学教授の設楽さんが、メリスタ(メリー・アーティスツ・カンパニー専用スタジオ)にお越しくださり、永見隆幸先生と令和初の対談をされました。



tak tomoaki work list.JPG
設楽作品のリストに目を通す永見先生と設楽さん



tomoaki drawing.JPG
作品を入れる箱に描かれた設楽さんのスケッチ



tak tomoaki shadow box.JPG
『影の箱』について「何でこんなものをつくったのか、今となっては自分でもわからない。」とおっしゃる設楽さん



tak tomoaki distorted car.JPG
『歪む車』 設楽さん曰く「絵の具で何か描こうかなとも思ったんですが、やめておきました。」



tak tomoaki regarding a method to replay a dream.JPG
『夢を再演する方法について』 しげしげと懐かしそうに作品を眺める設楽さんと永見先生



tak ocean house & maquette.JPG
『海原の家』を持つ永見先生と『海原の家』の制作に用いられたマケット

ocean house & maquette.JPG
『海原の家』& マケット

遠近法では捉え切れない不思議な構図の絵画です。





設楽知昭
SHITARA Tomoaki


愛知県立芸術大学教授。北海道生れ。
東京芸術大学、沖縄県立芸術大学、西安造形大学、名古屋芸術大学、名古屋造形芸術大学ほかで、非常勤講師や特別講師などを歴任。愛知県立芸術大学元美術学部長兼美術研究科長。

白土舎、不忍画廊、STANDING PINEなどで、個展やグループ展を数多く開催している。

[主な受賞歴]
名古屋市芸術創造賞受賞 平成7年=1995年
石田財団芸術奨励賞受賞 平成8年=1996年
 など

[主なパブリックコレクション]
愛知県美術館
名古屋市美術館
豊田市美術館
徳島県立近代美術館
 ほか





tak tomoaki unwrapping.JPG
梱包を解く永見先生と設楽さん


tomoaki convex mirror monotype.JPG
『凸面鏡より モノタイプ』

いかにも重そうな石膏の作品、30キロくらいはあるそうです。


tak tomoaki convex mirror monotype.JPG
軽々と『凸面鏡より モノタイプ』を持上げる永見先生と設楽さん

知る人ぞ知る「永見先生は力持ち!」





因みに、設楽さんと永見先生は、「妄想族」の仲間だとか…





設楽知昭 平成の掉尾を飾る新作発表
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2019-04-07-1
 ↑
T.Shitara new works 2019 April


永見隆幸&設楽知昭 対談 at atelier
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2019-03-13-1
 ↑
T.Nagami & T.Shitara meeting 2019 Mar.


永見隆幸&設楽知昭 対談 at メリスタ
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2019-01-14-2
 ↑
T.Nagami & T.Shitara meeting 2019 Jan.


設楽知昭 MAC『サラ』舞台美術
 ↓
https://merry2.blog.so-net.ne.jp/2016-10-05

T.Shitara MAC "Sarah" scenography


舞台美術に設楽知昭氏の起用内定!
 ↓
https://merry2.blog.so-net.ne.jp/2012-12-30
 ↑
Tomoaki Shitara MAC scenography


永見隆幸の最新プロフィールはコチラ ♪
 ↓
http://merry-uta.blog.so-net.ne.jp/2016-12-11
 ↑
This is Takayuki NAGAMI!


永見隆幸オフィシャル・ウェブサイト ♬
 ↓
http://www.nagamitakayuki.com/
 ↑
NAGAMI Takayuki official website ♬


メリー・アーティスツ・カンパニー
オフィシャル・ウェブサイト ♬
 ↓
http://www.merry-artists-company.com/
 ↑
Merry Artists Company official website ♬


ディライトフル・グループ HP
 ↓
http://www.delightful-group.com/
 ↑
Delightful Group HP


ザ・ディライトフル・カンパニー社長ご挨拶
 ↓
https://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-28
 ↑
TDC president greetings


メリーのブログ管理人ご挨拶
 ↓
http://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-30
 ↑
MAC Website Manager

バイエルン国立歌劇場 ~ 永見隆幸ヨーロッパを行く Bayerische Staatsoper [永見隆幸先生information]



永見隆幸先生が バイエルン国立歌劇場 Bayerische Staatsoper を訪問されました。



tak bayerische staatsoper 1.JPG
バイエルン国立歌劇場 Bayerische Staatsoper に佇む永見先生



tak bayerische staatsoper 5.JPG



バイエルン国立歌劇場は、1753年(江戸時代 宝暦3年頃)に開かれたキュリヴィエ劇場が起源の、歴史ある歌劇場です。



bayerische staatsoper fassade.jpg
バイエルン国立歌劇場 Bayerische Staatsoper のファサード



バイエルン国立歌劇場は、バイエルン国王マクシミリアン1世の時代、ドイツの建築家カール·フォン·フィッシャー Karl von Fischer によって、1818年(江戸時代 文化15年頃)に建造されたギリシア神殿風の劇場です。



tak bayerische staatsoper 2.JPG





バイエルン国立歌劇場はドイツを代表する歌劇場の一つで、ウィーン国立歌劇場やミラノ・スカラ座と並んでヨーロッパ三大オペラ座に数えられ、ドイツ・オペラの殿堂と謳われています。





bayerische staatsoper 2.jpg



バイエルン国立歌劇場の音楽監督は、ハンス・フォン・ビューロー、リヒャルト・シュトラウス、ブルーノ・ワルター、ハンス・クナッパーツブッシュ、ルドルフ・ケンペ、ヨーゼフ・カイルベルトら、名立たる音楽家が務めて来ました。

1970年=昭和45年 ~ 1990年=平成2年頃、ヴォルフガング・サヴァリッシュの時代、指揮者カルロス・クライバーらと共に、全盛期を築いたと言われています。



bayerische staatsoper 1.jpg



1865年(江戸時代 元治元年頃)に ヴァグナー『トリスタンとイゾルデ』、1868年(江戸時代 慶応3年頃)に ヴァグナー『ニュルンベルクのマイスタージンガー』が、ハンス・フォン・ビューローの指揮によってバイエルン国立歌劇場で初演されています。



bayerische staatsoper innere.jpg
バイエルン国立歌劇場のホワィエ





tak bayerische staatsoper 3.JPG





永見隆幸の最新プロフィールはコチラ ♪
 ↓
http://merry-uta.blog.so-net.ne.jp/2016-12-11
 ↑
This is Takayuki NAGAMI!


永見隆幸 オフィシャル・ウェブサイト ♬
 ↓
http://www.nagamitakayuki.com/
 ↑
NAGAMI Takayuki official website ♬


ディライトフル・グループ HP
 ↓
http://www.delightful-group.com/
 ↑
Delightful Group HP


メリー・アーティスツ・カンパニー
オフィシャル・ウェブサイト ♬
 ↓
http://www.merry-artists-company.com/
 ↑
Merry Artists Company official website ♬


ザ・ディライトフル・カンパニー社長ご挨拶
 ↓
https://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-28
 ↑
TDC president greetings


メリーのブログ管理人ご挨拶
 ↓
http://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-30
 ↑
MAC Website Manager

ドイツ国立ミュンヘン音楽・演劇大学 ~ 永見隆幸ヨーロッパを行く Hochschule für Musik und Theater München [永見隆幸先生information]



永見隆幸先生が ドイツ国立ミュンヘン音楽・演劇大学 Hochschule für Musik und Theater München を訪問されました。



tak hochschule für musik münchen gebäudeinnere.JPG
ドイツ国立ミュンヘン音楽・演劇大学の永見先生





ドイツ国立ミュンヘン音楽・演劇大学 Hochschule für Musik und Theater München = University of Music and Performing Arts Munich は、1846年(江戸時代 弘化3年頃)に バイエルン王立音楽アカデミー として発足し、1998年=平成10年より現在の正式名称になりました。日本では、一般に、ミュンヘン音楽大学と呼ばれます。





gasteig.jpg
複合文化施設ガスタイク Gasteig

ガスタイク は、1985年=昭和60年にオープンした、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団が本拠を置くカルチャー・センターで、授業がこちらで行われることもあります。





初代学長は、かの ハンス・フォン・ビューロー Hans von Bülow。



Hans Guido Freiherr von Bülow.jpg
ハンス・ギードー・フォン・ビューロー男爵
Hans Guido Freiherr von Bülow
ドイツの指揮者、ピアニスト、作曲家。


1830年(江戸時代 文政13年頃)1月8日、ドイツのドレスデンに生れる。ビュ-ロ-家の出自は、メクレンブルクの貴族。

1851年(江戸時代 嘉永3年頃)~ 1853年(江戸時代 嘉永5年頃)に ピアニストのフランツ・リストに師事。その後、ザンクト・ガーレン劇場の指揮者に就任。

1855年(江戸時代 嘉永7年頃)~ 1864年(江戸時代 文久3年頃)は、主にベルリンでピアニストや指揮者として活躍、ドイツやロシアで知られる存在になる。

1857年(江戸時代 安政3年頃)、リストの娘コジマと結婚。(後に、コジマはビューローの許を去り、リヒャルト・ヴァグナーと結ばれる。)

1864年(江戸時代 文久3年頃)~ 1877年=明治10年、ミュンヘン宮廷歌劇場指揮者を務める。

1867年(江戸時代 慶応2年頃)~ 1869年(明治元年頃)、バイエルン宮廷歌劇場総監督を務める。

1875年=明治8年 ~ 1876年=明治9年、渡米、チャイコフスキー『ピアノ協奏曲第1番』世界初演をはじめ、139回のコンサートに出演。

1878年=明治11年 ~ 1880年=明治13年、ハノーファー宮廷歌劇場楽長を務める。

1880年=明治13年 ~ 1885年=明治18年、マイニンゲン宮廷管弦楽団初代音楽監督を務め、作曲家リヒャルト・シュトラウスを見出して助手にする。

1882年=明治15年、女優マリー・シャンツェル Marie Schanzer von Bülow と再婚した。

1887年=明治20年 ~ 1892年=明治25年、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の初代常任指揮者を務める。

1892年=明治25年、慢性の頭痛が原因でベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の指揮者を辞任。

1894年=明治27年1月、転地療養を医師に勧められる。2月7日、ハンブルクから暖かいエジプトに移住。2月8日、脳卒中の発作で倒れる。2月12日、カイロのホテルにて客死。遺志によりハンブルグに遺体が埋葬された。享年64歳。





hans von bülow grab.jpg
ハンス・フォン・ビューローが眠る世界最大の墓地オールスドルフ Friedhof Ohlsdorf



Marie Schanzer von Bülow.jpg
ビューローの胸像とマリー・シャンツェル・フォン・ビューロー夫人 Marie Schanzer von Bülow





ビューローは、ピアニストとして、リストやショパン以上に評価されることがありました。
リストのピアノソナタロ短調やハンガリー幻想曲の初演に携ったのは、ハンス・フォン・ビューローです。
チャイコフスキーは、ニコライ・ルビンシュタインが演奏不能と評した『ピアノ協奏曲第1番』をビューローに献呈、ボストンで世界初演を行いました。
また、ヴァグナーの楽劇『トリスタンとイゾルデ』や『ニュルンベルクのマイスタージンガー』初演の指揮者を務めています。
ピアニストとして正確無比な知性派と言われましたが、指揮者としては、自由闊達な演奏を行ったらしく、ヴァインガルトナーらから批判を受けることもあったようです。





hans von bülow.jpg
若き日のハンス・フォン・ビューローの肖像画





ミュンヘン音楽・演劇大学は、元NSミュンヘン総統官邸 NSDAP München Führerbau で、隣接してNS帝国党本部 NSDAP-Reichsparteizentrale「褐色館 Braunes Haus」がありました。当時の官邸が、現在も校舎として、そのまま使用されています。(NSDAP=NS:ナチス)



münchen braunes haus.jpg
NSDAP帝国党本部「褐色館 Braunes Haus」

褐色館の跡地には、2015年=平成27年、ミュンヘンNS資料センター NS-Dokumentationszentrum München が建てられました。(NSDAP=NS:ナチス)

Hochschule für Musik und Theater München & NS-Dokumentationszentrum München.jpg
左:ドイツ国立ミュンヘン音楽・演劇大学
Hochschule für Musik und Theater München
右:ミュンヘンNS資料センター
NS-Dokumentationszentrum München

München Führerbau u Braunes Haus.jpg
左:ミュンヘン総統官邸 München Führerbau
右:褐色館 Braunes Haus
中央:栄誉神殿 Ehrentempel

chamberlain daladier hitler mussolini münchner abkommen.jpg
総統官邸にて 左から:チェンバレン ダラディエ ヒトラー ムッソリーニ



1938年=昭和13年、この建物に、ドイツのアドルフ・ヒトラー、イタリアのベニート・ムッソリーニ、イギリスのネヴィル・チェンバレン、フランスのエドゥアール・ダラディエら、各国首脳が集ってミュンヘン会談が開かれ、悪名高きミュンヘン協定 Münchner Abkommen=Munich Agreement が結ばれました。





Hochschule für Musik und Theater München.jpg
ドイツ国立ミュンヘン音楽・演劇大学の外観





ミュンヘン音楽大学の出身者には、作曲家のカール・オルフ、指揮者のヘルマン・アーベントロート、指揮者のオイゲン・ヨッフム、指揮者のヴォルフガング・ザヴァリッシュ、指揮者のラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス、指揮者のギュンター・ヴァント、指揮者のハインリヒ・ホルライザー、指揮者のハンス=マルティン・シュナイト、指揮者のフランツ・ヴェルザー=メスト、ピアニストのゲルハルト・オピッツ、バス・バリトン歌手のハンス・ホッター、オペラ歌手のヨーゼフ・グラインドルら、錚々たる音楽家が名を連ねます。





Hochschule für Musik München.jpg
Das Gebäudeinnere





tak hochschule für musik münchen.JPG





永見隆幸の最新プロフィールはコチラ ♪
 ↓
http://merry-uta.blog.so-net.ne.jp/2016-12-11
 ↑
This is Takayuki NAGAMI!


永見隆幸 オフィシャル・ウェブサイト ♬
 ↓
http://www.nagamitakayuki.com/
 ↑
NAGAMI Takayuki official website ♬


ディライトフル・グループ HP
 ↓
http://www.delightful-group.com/
 ↑
Delightful Group HP


メリー・アーティスツ・カンパニー
オフィシャル・ウェブサイト ♬
 ↓
http://www.merry-artists-company.com/
 ↑
Merry Artists Company official website ♬


ザ・ディライトフル・カンパニー社長ご挨拶
 ↓
https://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-28
 ↑
TDC president greetings


メリーのブログ管理人ご挨拶
 ↓
http://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-30
 ↑
MAC Website Manager

レンバッハハウス美術館 ~ 永見隆幸ヨーロッパを行く Städtische Galerie im Lenbachhaus und Kunstbau München [永見隆幸先生information]




tak lenbachhaus.jpg
永見隆幸先生がドイツのミュンヘン市立レンバッハハウス美術館を訪問されました。





ミュンヘン市立レンバッハハウス美術館は、ミュンヘンの肖像画家で美術収集家のフランツ・フォン・レンバッハの邸宅兼アトリエを改装したものです。その建物は、レンバッハが好んだイタリア・ルネサンス様式で、1889年=明治22年、建築家ガブリエル・フォン・ザイドルの設計により、建てられています。1925年=大正14年にミュンヘン市の所有になり、1929年=昭和4年に美術館として公開されました。


2013年=平成25年にイギリスの建築家であるサー・ノーマン・フォースター男爵により増改築されています。





lenbachhaus 1.jpeg





美術館のコレクションは、1957年=昭和32年、自身も青騎士グループの女流画家であったガブリエーレ・ミュンター Gabriele Münter によってミュンヘン市に寄贈された約1000点の作品が中心です。その中には、200点を超す世界一の「ヴァシリー・カンディンスキー Wassily Kandinsky」コレクションも含まれています。パウル・クレーやフランツ・マルクやアレクセイ・フォン・ヤウレンスキーら「青騎士 der Blaue Reiter」派は言うまでもなく、19世紀の風景画、ジョージ・グロスらのノイエ・ザハリヒカイト(Neue Sachlichkeit 新即物主義)、アンゼルム・キーファーやヨーゼフ・ボイスやゲルハルト・リヒターらの戦後現代美術のコレクションなども充実していると、永見先生に伺いました。





lenbachhaus 2.jpg





永見隆幸の最新プロフィールはコチラ ♪
 ↓
http://merry-uta.blog.so-net.ne.jp/2016-12-11
 ↑
This is Takayuki NAGAMI!


永見隆幸 オフィシャル・ウェブサイト ♬
 ↓
http://www.nagamitakayuki.com/
 ↑
NAGAMI Takayuki official website ♬


ディライトフル・グループ HP
 ↓
http://www.delightful-group.com/
 ↑
Delightful Group HP


メリー・アーティスツ・カンパニー
オフィシャル・ウェブサイト ♬
 ↓
http://www.merry-artists-company.com/
 ↑
Merry Artists Company official website ♬


ザ・ディライトフル・カンパニー社長ご挨拶
 ↓
https://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-28
 ↑
TDC president greetings


メリーのブログ管理人ご挨拶
 ↓
http://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-30
 ↑
MAC Website Manager

シューベックス南チロルの部屋 ~永見隆幸ヨーロッパを行く Schuhbecks in den Südtiroler Stuben [永見隆幸先生information]



永見隆幸先生がドイツのミュンヘンにあるミシュラン星付きレストラン「シューベックス南チロルの部屋 Schuhbecks in den Südtiroler Stuben」を訪問されました。



tak schuhbecks sudtiroler stuben 1.JPG
シューベックス南チロルの部屋 Schuhbecks Sudtiroler Stuben





tak schuhbecks sudtiroler stuben 2.JPG
「シューベックス南チロルの部屋」屋内





Alfons Schuhbeck.jpg
「シューベックス南チロルの部屋 Schuhbecks Sudtiroler Stuben」のオーナーでスター・シェフ sternekoch の アルフォンス・シューベック Alfons Schuhbeck さん





tak schuhbecks sudtiroler stuben 5.JPG
どうやら「シューベックス南チロルの部屋」の二階がバレエ・スタジオらしく エントランスの上にかけられたトゥ・シューズがお気に召して 一緒に写る永見先生





tak schuhbecks sudtiroler stuben 3.JPG





噂に違わぬ美味なる食事を堪能したとおっしゃる永見先生

次は是非とも私をお供に! ドイツは無理か…





永見隆幸の最新プロフィールはコチラ ♪
 ↓
http://merry-uta.blog.so-net.ne.jp/2016-12-11
 ↑
This is Takayuki NAGAMI!


永見隆幸 オフィシャル・ウェブサイト ♬
 ↓
http://www.nagamitakayuki.com/
 ↑
NAGAMI Takayuki official website ♬


ディライトフル・グループ HP
 ↓
http://www.delightful-group.com/
 ↑
Delightful Group HP


メリー・アーティスツ・カンパニー
オフィシャル・ウェブサイト ♬
 ↓
http://www.merry-artists-company.com/
 ↑
Merry Artists Company official website ♬


ザ・ディライトフル・カンパニー社長ご挨拶
 ↓
https://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-28
 ↑
TDC president greetings


メリーのブログ管理人ご挨拶
 ↓
http://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-30
 ↑
MAC Website Manager

前の10件 | - 永見隆幸先生information ブログトップ