So-net無料ブログ作成

シェーンブルン宮殿 ~ 永見隆幸ヨーロッパを行く Schloß Schönbrunn [永見隆幸先生information]



永見隆幸先生が、ウィーンのシェーンブルン宮殿 Schlos Schonbrunn を訪問されました。



tak schloss schonbrunn 1.JPG



シェーンブルン宮殿 Schlos Schonbrunn は、ヨーロッパで最も美しいバロック建築に数えられます。ここには、マリア・テレジア女帝、フランツ・ヨーゼフ皇帝やエリザベト皇妃も滞在しました。



Schonbrunn Palace1.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H. - Alexander Eugen Koller



Schonbrunn Palace2.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H. - Alexander Eugen Koller



建造物と敷地は1569年(室町時代 永禄12年頃)からハプスブルク家が夏の離宮、避暑地の別荘として所有。神聖ローマ皇帝マティアス Matthias が行った1612年(江戸時代 慶長17年頃)の狩猟の旅で、偶然この地に湧き出す清らかな(schon シェーン)泉(brunn ブルン)を見つけ、この土地に「シェーンブルン Schonbrunn」という名が与えられました。1642年(江戸時代 寛永19年頃)には、皇帝フェルディナント二世 FerdinandⅡ.の皇妃エレオノーラ・フォン・ゴンザーガ Eleonora von Gonzaga(1598年~1655年)が園遊のための宮殿を建てています。

オスマン・トルコ軍による第二次ウィーン包囲の後、「フランスのベルサイユ宮殿に匹敵する宮殿を」との皇帝レオポルド一世 Leopold I.の命で、オーストリアの建築家ヨハン・ベルンハルト・フィッシャー・フォン・エルラハ Johann Bernhard Fischer von Erlach の設計により、1696年(江戸時代 元禄9年頃)に新宮殿を着工。1743年(江戸時代 寛保3年頃)からは、マリア・テレジアの指示で、オーストリアとイタリアの建築家ニコラウス・フランツ・レオンハルト・フォン・パカッシ Nikolaus Franz Leonhard von Pacassi(1716年~1790年)が大規模な拡張と改装を行い、現在の姿になりました。

シェーンブルン宮殿外壁の明るい黄色は、「マリア・テレジア・イエロー」とも呼ばれています。宮殿の前に広がるフランス式庭園は、東西約1.2メートル、南北約1キロメートルにも及びます。1830年(江戸時代 文政13年頃)にはフランツ・ヨーゼフ皇帝 Franz JosephⅠ.が生れ、晩年の数年は専らここで過ごしました。



Schonbrunn Palace, Garden side.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H. - Sascha Rieger



大パルテール
Groses Parterre:幾何学的にレイアウトされた花壇

Schonbrunn Palace, Grosses Parterre.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H. - Alexander Eugen Koller

Schonbrunn Palace, Great Parterre.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H., - Alexander Eugen Koller



シェーンブルン宮殿には部屋が1441室あって、内装はロココ様式です。六歳のモーツァルトが女帝マリア・テレジアを前に御前演奏を披露したのが「鏡の間 Spiegelsaal」。「丸い中国の間 Chinesische Kabinette」ではマリア・テレジアが側近の宰相ヴェンツェル・アントン・フォン・カウニッツ=リートベルク伯爵 Wenzel Anton Graf von Kaunitz-Rietberg と重要な密談に臨んだと言われます。ナポレオンが会議を行ったのは「古い漆の間 Vieux Laque Zimmer」。「青い中国のサロン Blauer Chinesischer Salon」では、1918年=大正7年、皇帝カール一世が「国事不関与」の書類に署名したことで、ハプスブルク家のオーストリア=ハンガリー帝国は、終焉を迎えました。紫檀の板張りでインドとペルシャの細密画に飾られた「百万の間 Millionenzimmer」は、最も美しいロココ様式の内装の一つ。「会議は踊る、されど進まず」と揶揄された1814年(江戸時代 文化11年頃)と翌15年のウィーン会議で、全長40メートル、全幅10メートルの大広間「グロセ・ギャラリー Grose Galerie」が、舞踏会の会場になりました。



鏡の間
Spiegelsaal

Schlos Schonbrunn,  Spiegelsaal.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H.

Schonbrunn Palace, Mirrors Room.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H.





丸い中国の間
Chinesische Kabinette

Chinesische Rundkabinett, Schlos Schonbrunn1.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H. - Alexander Eugen Koller

Chinesische Rundkabinett, Schlos Schonbrunn2.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H. - Alexander Eugen Koller





古い漆の間
Vieux Laque Zimmer

Schonbrunn Palace, Vieux-Laque room.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H. - Alexander Eugen Koller





青い中国のサロン
Blauer Chinesischer Salon

Blauer Chinesischer Salon, Schloss Schoenbrunn.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H. - Edgar Knaack





百万の間
Millionenzimmer

Millionen - zimmer, Schlos Schonbrunn.jpeg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H. - Alexander Eugen Koller





大広間グロセ・ギャラリー
Grose Galerie

Schlos Schonbrunn Grose Galerie.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H. - Agentur Zolles

Schonbrunn Palace, Grose Galerie.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H.





青の階段
Blaue Stiege

Schonbrunn Palace, Blue staircase.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H. - Sascha Rieger





マリー・アントワネットの間
Marie Antoinette Zimmer

Schonbrunn Palace, Marie Antoinette room.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H. - Alexander Eugen Koller

Marie Antoinette Zimmer.jpg
[コピーライト] Schloss Schoenbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H. Alexander Eugen Koller





タペストリー・サロン
Gobelinsalon

Gobelinsalon2.jpg
[コピーライト] Schloss Schoenbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H.





皇帝フランツ・ヨゼフ書斎
Arbeitszimmer Franz Josephs

Schonbrunn Palace, Study of Emperor Franz Joseph.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H. - Alexander Eugen Koller





皇帝フランツ・ヨゼフ寝室
Schlafzimmer Franz Josephs

Schonbrunn Palace, Emperor Franz Joseph Bedroom.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H. - Alexander Eugen Koller





皇帝フランツ・ヨゼフ 皇后エリザベト 夫妻寝室
Gemeinsames Schlafzimmer

Schonbrunn Palace, Imperial Couple Bedroom.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H. - Alexander Eugen Koller





式典用大広間
Zeremoniensaal

Schonbrunn Palace, Hall of ceremonies.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H. - Alexander Eugen Koller





シェーンブルン宮殿 宮廷劇場
Schlostheater Schonbrunn

Schlostheater Schonbrunn 1.jpg
[コピーライト] C. Cossa



女帝マリア・テレジア Maria Theresia の指示で、オーストリアとイタリアの建築家ニコラウス・フランツ・レオンハルト・フォン・パカッシ Nikolaus Franz Leonhard von Pacassi によって宮殿右棟に劇場が設けられ、1747年(江戸時代 延享4年頃)に開館。 20年後、宮廷付建築家のヨハン・フェルディナント・ヘッツェンドルフ・フォン・ホーエンベルク Johann Ferdinand Hetzendorf von Hohenberg によって拡充されました。
この劇場では、 フランツ・ヨゼフ・ハイドン Franz Joseph Haydn や ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart らが作品を指揮し、数多くのクリストフ・ウィリバルト・グルック Christoph Willibald von Gluck のオペラが初演されています。
ナポレオン・ボナパルト Napoleon Bonaparte がシェーンブルン宮殿を本拠地としていた時期に改装工事が行われ、1809年(江戸時代 文化6年頃)、ジャン・ラシーヌ Jean Racines『フェドラ Phadra』のこけら落しにより再開されました。
オーストリア皇帝フェルディナント一世 Ferdinand I.の時代に全盛期を迎えています。
シェーンブルン宮殿宮廷劇場は、バロック様式の劇場として、帝政時代の宮廷劇場の様子を現在に伝える世界的にも貴重な劇場です。



Schlostheater Schonbrunn 2.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H.





この宮殿は、歴史的重要性と比類無き建造物や内装や庭園などによって、ユネスコ世界文化遺産になっています。





Schonbrunn Palace, Round Pool.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H. - Lois Lammerhuber



Schonbrunn Palace, Fair Spring.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H. - Alexander Eugen Koller



秘密の花園
Geheimer Garten

Schonbrunn Palace, Privy Garden.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H. ? Alexander Eugen Koller





シェーンブルン庭園 Schlospark Schonbrunn の建造物


グロリエッテ
Gloriette

Schonbrunn Palace, Gloriette.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H. - Alexander Eugen Koller

グロリエッテは、当初、栄誉神殿 ehrentempel として、宮廷付建築家のヨハン・フェルディナント・ヘッツェンドルフ・フォン・ホーエンベルク Johann Ferdinand Hetzendorf von Hohenberg により、1775年(江戸時代 安永4年頃)に建造された初期歴史主義のコロネード colonnade 列柱回廊。コリンの戦いにおけるオーストリア軍の対プロイセン勝利と戦没者の慰霊のために建てられたギリシア建築です。内部は象牙色と褐色の化粧漆喰で、柱はドーリア式、天井にも装飾が施されています。



ネプチューンの噴水池
Neptunbrunnen

Schonbrunn Palace, Neptune fountain.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H. - Alexander Eugen Koller

1780年(江戸時代 安永9年頃)制作。宮廷建築家ヨハン・フェルディナント・ヘッツェンドルフ・フォン・ホーエンベルク Johann Ferdinand Hetzendorf von Hohenberg(1732年~1816年)の設計だと言われています。彫刻は、ドイツの彫刻ヨハン・ヴィルヘルム・バイエル Johann Wilhelm Beyer(1725年~1796年)によるものです。



ローマの廃墟
Romische Ruinen

Schonbrunn Palace, Roman ruin.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H. - Alexander Eugen Koller

「ローマの廃墟」は、ヨハン・フェルディナント・ヘッツェンドルフ・フォン・ホーエンベルク Johann Ferdinand Hetzendorf von Hohenberg(1732年~1816年)によって 1778年(江戸時代 安永7年頃)に造られた人工的なローマの廃墟です。老朽化した宮殿の石材が用いられたと伝えられています。イタリアの画家で建築家のジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージ Giovanni Battista Piranesi(1720~1778)によるローマのウェスパシアヌスとティトゥス神殿を参考にして造られ、当初はカルタゴの廃墟と呼ばれていました。 2003年=平成15年に修復作業が行われています。 全長35.4メートル、全幅20.35メートル、全高15.75メートル。 柱にはコリント式の装飾が見られます。 正面アーチの下にヘラクレス像が、手前の島にはモルダウ川とエルベ川を象徴する像があります。



オベリスクブルンネン~オベリスクの噴水
Obeliskbrunnen

Schonbrunn Palace, Obelisk fountain.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H. - Alexander Eugen Koller

オベリスクブルンネン Obeliskbrunnen は、1777年(江戸時代 安永6年頃)にヨハン・フェルディナント・ヘッツェンドルフ・フォン・ホーエンベルク Johann Ferdinand Hetzendorf von Hohenberg(1732年~1816年)によって建てられました。彫刻は、ドイツの彫刻ヨハン・ヴィルヘルム・バイエル Johann Wilhelm Beyer(1725年~1796年)の設計で、ドイツ・オーストリアの彫刻家で建築家のベネディクト・ヘンリツィ Benedict Henrici(1749年~1799年)によるものです。全高31.2メートル。



ボスケ
Bosquet

bosquet Facher, Schonbrunn.jpg
[コピーライト] Herzi Pinki

ボスケ Bosquet とは、(庭園の)茂み, 木立、植込みの意。西洋式庭園の作庭技法の一つであるフランス平面幾何学式庭園では、骨格を造って平面の意匠を担う樹林帯のことを指し、このボスケによって両側に並木のある見通しが強調されます。



シェーンブルンの迷路
Schonbrunner Irrgarten

Irrgarten,  Schlos Schonbrunn.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H. - Julius Silver

シェーンブルン宮殿の迷路庭園は、1698年(江戸時代 元禄11年頃)から1740年(江戸時代 元文5年頃)にかけて作られ、異なった形の六つの迷路から成り立っていました。全長三キロメートルもあったそうです。その後、簡素化され、1892年=明治25年には無くなってしまいましたが、1998年=平成10年の秋、当時の設計を基に再建されています。





パルメンハウス
Palmenhaus

palmenhaus, Schlos Schonbrunn.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H.

Palmenhaus Innen, Schlos Schonbrunn.jpg
[コピーライト] Schlos Schonbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H. - Alexander Eugen Koller

シェーンブルン宮殿の庭園にあるパルメンハウス Palmenhaus は、ヨーロッパ大陸で最大の温室。地中海、熱帯、亜熱帯の植物が数多く収集され、気候帯によって三つの展示館 pavilion に分れています。
パルメンハウスは、1882年=明治15年、皇帝フランツ・ヨーゼフ一世 Franz JosephⅠ.の命で、オーストリアの建築家フランツ・クサフェル・ゼーゲンシュミット Franz Xaver Segenschmid(1839年~1888年)の設計により建てられました。全長111メートル、建築面積二千五百平方メートル、硝子屋根延べ四千九百平方メートル、四万五千枚の硝子板が使われています。





シェーンブルン動物園
Tiergarten Schonbrunn

Luftbild Kaiserpavillon, Tiergarten Schonbrunn.jpg
[コピーライト] Tiergarten Schonbrunn

Kaiserpavillon, Tiergarten Schonbrunn.jpg
[コピーライト] Tiergarten Schonbrunn

Kaiserpavillon Innen,  Tiergarten  Schonbrunn.jpg
[コピーライト] Tiergarten Schonbrunn - Norbert Potensky

現存する世界最古のシェーンブルン動物園は、ヨーロッパ最高の動物園に五回も選ばれています。
1752年(江戸時代 宝暦2年頃)、神聖ローマ帝国皇帝フランツ一世 FranzⅠ. が、シェーンブルン宮殿の隣に帝国小動物園 Kaiser Menagerie として造らせたものです。 動物の飼育場は、皇帝の休憩所 カイザー・パヴィリオン Kaiser Pavillion を中心にして、放射線状に十三箇所あります。
カイザー・パヴィリオン Kaiser Pavillionは、1759年(江戸時代 宝暦9年頃)に建てられました。フランツ一世とマリア・テレジア皇帝夫妻が、ここで動物を見ながら朝食を楽しんだと言われています。
カイザー・パヴィリオン Kaiser Pavillion と 帝国小動物園 Kaiser Menagerieを建設したのは、ロートリンゲンの建築家ジャン・ニコラ・ジャド・ド・ヴィル=イッセイ Jean Nicolas Jadot de Ville-Issey (1710年~1761年)です。





帝国馬車博物館
Kaiserliche Wagenburg

Kaiserliche Wagenburg Schlos Schonbrunn.jpg

Kaiserliche Wagenburg Innen Schloss Schonbrunn 1.jpg
[コピーライト] KHM-Museumsverband

Kaiserliche Wagenburg Innen Schloss Schonbrunn 2.jpg
[コピーライト] KHM-Museumsverband

シェーンブルン庭園の一角にある帝国馬車博物館 Kaiserliche Wagenburg カイゼリッヒェ・ヴァーゲンブルクには、ハプスブルク家の人々が宮廷で使っていた多種多様な馬車や衣装が展示されています。
特に目を引く「宮廷用四輪馬車 インペリアル・コーチ Imperialwagen」は、1735年(江戸時代 享保20年)~1740年(江戸時代 元文5年)頃、神聖ローマ皇帝カール六世 Karl Ⅵ.のために制作されたと考えられています。印象深いのは、黒い霊柩馬車 Leichenwagen で、皇妃エリザベト Elisabeth Amalie Eugenie von Wittelsbach(1898年=明治31年)、皇帝フランツ・ヨーゼフ一世 Franz JosephⅠ(1916年=大正5年)、オーストリア=ハンガリー帝国最後の皇妃ツィタ Zita von Bourbon-Parma(1989年=平成元年)の葬儀に使われました。唯一現存する1914年=大正3年製の宮廷用自動車も見ることができます。



帝国馬車
Imperialwagen

Imperialwagen, Kaiserliche Wagenburg.jpeg
[コピーライト] KHM-Museumsverband

Imperialwagen, Kaiserliche Wagenburg2.jpg
[コピーライト] KHM-Museumsverband

Imperialwagen, Kaiserliche Wagenburg3.jpg
[コピーライト] KHM-Museumsverband



ロココ・ベルリン馬車(馬具付)
プリンツ祝祭馬車
Rokoko-Berline mit Prunkgeschir
Prinzengalawagen

Prachtvolle Rokoko Berline mit Prunkgeschirr.jpg
[コピーライト] KHM-Museumsverband

Rokoko Berline, Prinzengalawagen.jpg
[コピーライト] KHM-Museumsverband



ナポレオン一世ミラノ戴冠式馬車
Mailander Kronungswagen

Mailander Kronungswagen Kaiser Napoleons I..jpg
[コピーライト] KHM-Museumsverband



霊柩馬車
Leichenwagen

Leichenwagen Kaiserin Elisabeths, Kaiserliche Wagenburg.jpg
[コピーライト] KHM-Museumsverband



法廷の正式な喪服~礼装四輪大型馬車
哀しみの追悼馬車
Hoftrauer-Galawagen
Trauer-Huldigungswagen

Hoftrauer-Galawagen, Trauer- Huldigungswagen.jpg
[コピーライト] KHM-Museumsverband



皇帝フランツ一世ピルシュ
ピルシュ:軽い幌で半分覆われた馬車
Pirutsche von Kaiser Franz I.

Pirutsche von Kaiser Franz I..jpg
[コピーライト] KHM-Museumsverband



マリア・テレジア金色カルーセル馬車
Maria Theresias Karussellwagen

Maria Theresias Karussellwagen.jpg
[コピーライト] KHM-Museumsverband



ウィーン王宮法廷ベルリン馬車
Berline des Wiener Hofes Wien

Berline des Wiener Hofes Wien, um 1814.jpg
[コピーライト] KHM-Museumsverband



khm-museumsverband 1.jpg
[コピーライト] KHM-Museumsverband

khm-museumsverband 2.jpg
[コピーライト] KHM-Museumsverband



khm-museumsverband 3.jpg
[コピーライト] KHM-Museumsverband



1914年=大正3年製 宮廷用自動車
Kaiserwagen 1914

Graf & Stift 40~45 1914 Kaiserwagen2.jpg
[コピーライト] KHM-Museumsverband

Graf & Stift 40~45 1914 Kaiserwagen3.jpg
[コピーライト] KHM-Museumsverband

Graf & Stift 40~45 1914 Kaiserwagen.jpg
[コピーライト] KHM-Museumsverband





Kaiserliche Wagenburg Schloss Schonbrunn.jpg





送っていただいた画像データをもとに、資料を集めて記事をまとめようと思ったのですが、終ってみれば何のことはない。永見先生に質問して教えていただいたことが、この記事の全てと言っても過言ではありません。何にでも通暁してみえると言うか、芸術文化のあらゆる分野において造詣が深くていらっしゃる。

驚くのを通り越して、怖いくらいです。歴史的な洞察も凄いし。いくら20代と30代の殆どを欧米で過ごされたと言っても…





Kaiserliches Lustschloss Schonbrunn, Hofseite Canaletto.jpg
「皇帝切望の宮殿シェーンブルン~中庭」
作者:カナレット~ベルナルド・ベロット(1758年:江戸時代 宝暦8年頃)
Kaiserliches Lustschloss Schonbrunn, Hofseite
Canaletto - Bernardo Bellotto, 1758





tak schloss schonbrunn 2.JPG
ベルヴェデーレ宮殿からシェーンブルン宮殿を眺める





永見隆幸の最新プロフィールはコチラ ♪
 ↓
http://merry-uta.blog.so-net.ne.jp/2016-12-11
 ↑
This is Takayuki NAGAMI!


永見隆幸 オフィシャル・ウェブサイト ?
 ↓
http://www.nagamitakayuki.com/
 ↑
NAGAMI Takayuki official website ?


ディライトフル・グループ HP
 ↓
http://www.delightful-group.com/
 ↑
Delightful Group HP


メリー・アーティスツ・カンパニー
オフィシャル・ウェブサイト ?
 ↓
http://www.merry-artists-company.com/
 ↑
Merry Artists Company official website ?


ザ・ディライトフル・カンパニー社長ご挨拶
 ↓
https://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-28
 ↑
TDC president greetings


メリーのブログ管理人ご挨拶
 ↓
http://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-30
 ↑
MAC Website Manager