So-net無料ブログ作成

ドイツ国立ミュンヘン音楽・演劇大学 ~ 永見隆幸ヨーロッパを行く Hochschule für Musik und Theater München [永見隆幸先生information]



永見隆幸先生が ドイツ国立ミュンヘン音楽・演劇大学 Hochschule für Musik und Theater München を訪問されました。



tak hochschule für musik münchen gebäudeinnere.JPG
ドイツ国立ミュンヘン音楽・演劇大学の永見先生





ドイツ国立ミュンヘン音楽・演劇大学 Hochschule für Musik und Theater München = University of Music and Performing Arts Munich は、1846年(江戸時代 弘化3年頃)に バイエルン王立音楽アカデミー として発足し、1998年=平成10年より現在の正式名称になりました。日本では、一般に、ミュンヘン音楽大学と呼ばれます。





gasteig.jpg
複合文化施設ガスタイク Gasteig

ガスタイク は、1985年=昭和60年にオープンした、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団が本拠を置くカルチャー・センターで、授業がこちらで行われることもあります。





初代学長は、かの ハンス・フォン・ビューロー Hans von Bülow。



Hans Guido Freiherr von Bülow.jpg
ハンス・ギードー・フォン・ビューロー男爵
Hans Guido Freiherr von Bülow
ドイツの指揮者、ピアニスト、作曲家。


1830年(江戸時代 文政13年頃)1月8日、ドイツのドレスデンに生れる。ビュ-ロ-家の出自は、メクレンブルクの貴族。

1851年(江戸時代 嘉永3年頃)~ 1853年(江戸時代 嘉永5年頃)に ピアニストのフランツ・リストに師事。その後、ザンクト・ガーレン劇場の指揮者に就任。

1855年(江戸時代 嘉永7年頃)~ 1864年(江戸時代 文久3年頃)は、主にベルリンでピアニストや指揮者として活躍、ドイツやロシアで知られる存在になる。

1857年(江戸時代 安政3年頃)、リストの娘コジマと結婚。(後に、コジマはビューローの許を去り、リヒャルト・ヴァグナーと結ばれる。)

1864年(江戸時代 文久3年頃)~ 1877年=明治10年、ミュンヘン宮廷歌劇場指揮者を務める。

1867年(江戸時代 慶応2年頃)~ 1869年(明治元年頃)、バイエルン宮廷歌劇場総監督を務める。

1875年=明治8年 ~ 1876年=明治9年、渡米、チャイコフスキー『ピアノ協奏曲第1番』世界初演をはじめ、139回のコンサートに出演。

1878年=明治11年 ~ 1880年=明治13年、ハノーファー宮廷歌劇場楽長を務める。

1880年=明治13年 ~ 1885年=明治18年、マイニンゲン宮廷管弦楽団初代音楽監督を務め、作曲家リヒャルト・シュトラウスを見出して助手にする。

1882年=明治15年、女優マリー・シャンツェル Marie Schanzer von Bülow と再婚した。

1887年=明治20年 ~ 1892年=明治25年、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の初代常任指揮者を務める。

1892年=明治25年、慢性の頭痛が原因でベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の指揮者を辞任。

1894年=明治27年1月、転地療養を医師に勧められる。2月7日、ハンブルクから暖かいエジプトに移住。2月8日、脳卒中の発作で倒れる。2月12日、カイロのホテルにて客死。遺志によりハンブルグに遺体が埋葬された。享年64歳。





hans von bülow grab.jpg
ハンス・フォン・ビューローが眠る世界最大の墓地オールスドルフ Friedhof Ohlsdorf



Marie Schanzer von Bülow.jpg
ビューローの胸像とマリー・シャンツェル・フォン・ビューロー夫人 Marie Schanzer von Bülow





ビューローは、ピアニストとして、リストやショパン以上に評価されることがありました。
リストのピアノソナタロ短調やハンガリー幻想曲の初演に携ったのは、ハンス・フォン・ビューローです。
チャイコフスキーは、ニコライ・ルビンシュタインが演奏不能と評した『ピアノ協奏曲第1番』をビューローに献呈、ボストンで世界初演を行いました。
また、ヴァグナーの楽劇『トリスタンとイゾルデ』や『ニュルンベルクのマイスタージンガー』初演の指揮者を務めています。
ピアニストとして正確無比な知性派と言われましたが、指揮者としては、自由闊達な演奏を行ったらしく、ヴァインガルトナーらから批判を受けることもあったようです。





hans von bülow.jpg
若き日のハンス・フォン・ビューローの肖像画





ミュンヘン音楽・演劇大学は、元NSミュンヘン総統官邸 NSDAP München Führerbau で、隣接してNS帝国党本部 NSDAP-Reichsparteizentrale「褐色館 Braunes Haus」がありました。当時の官邸が、現在も校舎として、そのまま使用されています。(NSDAP=NS:ナチス)



münchen braunes haus.jpg
NSDAP帝国党本部「褐色館 Braunes Haus」

褐色館の跡地には、2015年=平成27年、ミュンヘンNS資料センター NS-Dokumentationszentrum München が建てられました。(NSDAP=NS:ナチス)

Hochschule für Musik und Theater München & NS-Dokumentationszentrum München.jpg
左:ドイツ国立ミュンヘン音楽・演劇大学
Hochschule für Musik und Theater München
右:ミュンヘンNS資料センター
NS-Dokumentationszentrum München

München Führerbau u Braunes Haus.jpg
左:ミュンヘン総統官邸 München Führerbau
右:褐色館 Braunes Haus
中央:栄誉神殿 Ehrentempel

chamberlain daladier hitler mussolini münchner abkommen.jpg
総統官邸にて 左から:チェンバレン ダラディエ ヒトラー ムッソリーニ



1938年=昭和13年、この建物に、ドイツのアドルフ・ヒトラー、イタリアのベニート・ムッソリーニ、イギリスのネヴィル・チェンバレン、フランスのエドゥアール・ダラディエら、各国首脳が集ってミュンヘン会談が開かれ、悪名高きミュンヘン協定 Münchner Abkommen=Munich Agreement が結ばれました。





Hochschule für Musik und Theater München.jpg
ドイツ国立ミュンヘン音楽・演劇大学の外観





ミュンヘン音楽大学の出身者には、作曲家のカール・オルフ、指揮者のヘルマン・アーベントロート、指揮者のオイゲン・ヨッフム、指揮者のヴォルフガング・ザヴァリッシュ、指揮者のラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス、指揮者のギュンター・ヴァント、指揮者のハインリヒ・ホルライザー、指揮者のハンス=マルティン・シュナイト、指揮者のフランツ・ヴェルザー=メスト、ピアニストのゲルハルト・オピッツ、バス・バリトン歌手のハンス・ホッター、オペラ歌手のヨーゼフ・グラインドルら、錚々たる音楽家が名を連ねます。





Hochschule für Musik München.jpg
Das Gebäudeinnere





tak hochschule für musik münchen.JPG





永見隆幸の最新プロフィールはコチラ ♪
 ↓
http://merry-uta.blog.so-net.ne.jp/2016-12-11
 ↑
This is Takayuki NAGAMI!


永見隆幸 オフィシャル・ウェブサイト ♬
 ↓
http://www.nagamitakayuki.com/
 ↑
NAGAMI Takayuki official website ♬


ディライトフル・グループ HP
 ↓
http://www.delightful-group.com/
 ↑
Delightful Group HP


メリー・アーティスツ・カンパニー
オフィシャル・ウェブサイト ♬
 ↓
http://www.merry-artists-company.com/
 ↑
Merry Artists Company official website ♬


ザ・ディライトフル・カンパニー社長ご挨拶
 ↓
https://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-28
 ↑
TDC president greetings


メリーのブログ管理人ご挨拶
 ↓
http://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-30
 ↑
MAC Website Manager