So-net無料ブログ作成

フレデリック・ショパン 墓参 ~ 永見隆幸ヨーロッパを行く Frédéric Chopin Père-Lachaise [永見隆幸先生information]




tak la tombe de frédéric chopin.JPG
ショパンの墓の傍らに佇む永見隆幸先生



1849年(江戸時代 嘉永2年頃)に亡命先のパリで永眠したピアノの詩人フレデリック・ショパン Frédéric Chopin は、パリの北にあるペール・ラシェーズ墓地 Père-Lachaise に埋葬されました。





Bazylika Świętego Krzyża w Warszawie.jpg
ワルシャワ聖十字架教会
Bazylika Świętego Krzyża w Warszawie



祖国を熱愛したショパンは、生前より「今の状況では、自分の遺体をワルシャワまで運ぶことなど許されないだろうから、せめて心臓だけでも持帰って欲しい。」と三歳歳上の姉ルドヴィカ Ludwika に懇願していました。
ヨーロッパでは、聖職者や貴族や著名人が、遺体と心臓を別々に埋葬するのは、珍しい事ではなかったのです。
葬儀の前に取出された心臓は、コニャック漬けにしてガラス瓶に収められたそうです。最期を見届けたルドヴィカは、ショパンの心臓をドレスの下に隠し、決死の覚悟で国境を越えてワルシャワに持帰ったと言われています。聖十字架教会 Bazylika Świętego Krzyża の地下埋葬室に安置された後、ショパンの心臓は、教会の柱に埋められました。



Serce Chopina w kościele św. Krzyża.jpg
ショパンの心臓が埋められている聖十字架教会の柱





perelachaise.jpg
ペール・ラシェーズの外壁とエントランス





ペール・ラシェーズには、ショパン、ビゼー、ロッシーニ、マリア・カラス、オスカー・ワイルド、モリエール、バルザック、プルースト、ドラクロワ、モディリアニ、サラ・ベルナール、イヴ・モンタン、エディット・ピアフら、多くのアーティストが眠っています。


ペール・ラシェーズ墓地は、迷路のようになっているので、往々にして目的の墓にたどり着けないことがあるらしいのですが、永見先生は迷わず直ぐにショパンの墓を探し出されたと、現地のエージェントが驚いていました。





Tak Père-Lachaise.JPG
ショパンが埋葬されているペール・ラシェーズ墓地の門に立つ永見先生





la tombe de frédéric chopin.JPG





永見隆幸の最新プロフィールはコチラ ♪
 ↓
http://merry-uta.blog.so-net.ne.jp/2016-12-11
 ↑
This is Takayuki NAGAMI!


永見隆幸 オフィシャル・ウェブサイト ♬
 ↓
http://www.nagamitakayuki.com/
 ↑
NAGAMI Takayuki official website ♬


ディライトフル・グループ HP
 ↓
http://www.delightful-group.com/
 ↑
Delightful Group HP


メリー・アーティスツ・カンパニー
オフィシャル・ウェブサイト ♬
 ↓
http://www.merry-artists-company.com/
 ↑
Merry Artists Company official website ♬


ザ・ディライトフル・カンパニー社長ご挨拶
 ↓
https://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-28
 ↑
TDC president greetings


メリーのブログ管理人ご挨拶
 ↓
http://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-30
 ↑
MAC Website Manager