So-net無料ブログ作成

内田鋼一 永見隆幸 対談 at 呼月 [永見隆幸先生information]



永見隆幸先生と内田鋼一さんが、三重の四日市にある日本料理の「呼月」で対談。

美術談義は無論のこと、またまた、あんな事やこんな事まで縦横無尽に語り尽されました。



tak koichi 1.JPG
永見隆幸(左)内田鋼一(右)



呼月で使用されている陶の器は殆どが内田鋼一さんのもの。味と器がダブルで楽しめます ♬ そのうえ店内には内田作品のオブジェも展示されており、内田ファンには堪りません!



kogetsu logo 2.jpg
呼月のロゴも内田鋼一さん



tak koichi 6.JPG
エントランスにある内田鋼一作の大きな陶板が出迎えてくれます



tak koichi 5.JPG
内田鋼一さんの手になる陶柱も展示されています



Kogetsu Chef.JPG
呼月の矢田誠 料理長 この陶板も内田鋼一作品


矢田料理長は、1990年より大阪の「日本料理 茂里」で6年にわたり修行。30歳の時に「ホテルグランヴィア大阪 なにわ食彩 しずく」にて料理長を務め、「なにわの名工 若葉賞」を受賞した。後に、台湾にあるアジア最大の日本料理店「JOGOYA 上閤屋」の総料理長を2年務めた。帰国後、呼月の副料理長を経て現在に至る。



超グルメで有名な方が、呼月の料理を口にして「こんなおいしい日本食を食べさせるところが三重の四日市に在るとは! 東京で このクオリティなら この価格では絶対に食べられない…」と驚いていたそうです。



tak koichi 2.JPG
とても堅気には見えない強面の二人…



でも、本音で語り合えるアーティスト同士なんて素適ですね。

内田鋼一さんの作品と人間を本当に理解しているのは永見先生なのかも知れないと、あるアーティストが、おっしゃっていました。



koichi teapot.JPG
最近の個展に出品された内田鋼一作品
急須は特に人気が高いらしい



呼月では、今年の秋に、料理を予約されたお客様限定の内田鋼一展を開催されるとか、されないとか…

乞う御期待 ♫



tak koichi 3.JPG
乾杯! 永見先生と内田さん



舞台の打合せだったり、接待を受けられたり、おいしいものを召上る機会の多い永見先生が本当に羨ましい… 

何とか ご一緒させていただく訳には行かないものか…



永見隆幸オフィシャル・ウェブサイト ♬
 ↓
http://www.nagamitakayuki.com/
 ↑
NAGAMI Takayuki official website ♬


永見隆幸のプロフィールはコチラ ♪
 ↓
http://merry-uta.blog.so-net.ne.jp/2016-12-11
 ↑
This is Takayuki NAGAMI!


内田鋼一 永見隆幸 対談
 ↓
https://merry-3.blog.so-net.ne.jp/2018-05-08
 ↑
NAGAMI Takayuki & UCHIDA Koichi ♬


ディライトフル・グループ HP
 ↓
http://www.delightful-group.com/
 ↑
Delightful Group HP


ザ・ディライトフル・カンパニー社長ご挨拶
 ↓
https://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-28
 ↑
TDC president greetings


メリーのブログ管理人ご挨拶
 ↓
http://merry2.blog.so-net.ne.jp/2018-01-30
 ↑
MAC Website Manager